ケトジェニックダイエットで豆腐はOK【食べられる食品紹介】

ケトジェニックダイエットで豆腐 ケトジェニック食材

この記事ではケトジェニックで食べてもいい豆腐について解説する。

豆腐は米の代わりに出されたりもするので、何を食べてもいいと思いがちだが、若干糖質の量が気になる豆腐もあるので紹介しておく。

食べ過ぎ注意なだけで基本的には食べてOKの食材だと思ってもらって問題ない。

オススメの豆腐

この豆腐ならOKという豆腐を紹介する。
焼き豆腐
1丁 290g
タンパク質:22.6g
脂質:6.9g
糖質:1.5g

高野豆腐(凍り豆腐)
16g
タンパク質:8.1g
脂質:5.5g
糖質:0.3g

この二つの豆腐であれば、糖質量がかなり少ないので特に気にせず食べて問題ない。

高野豆腐はスープなどとの相性もいいので、色々と料理の幅が広がるかもしれない。

絹ごしと木綿は要注意

豆腐の代表格と言えば、絹ごし豆腐と木綿豆腐は、少しだけ糖質が多い。

気にする必要はないかもしれませんが、思ったより多いということだけ抑えておこう。

木綿豆腐
1丁 300g
タンパク質:19.8g
脂質;12.6g
糖質:3.6g

絹ごし豆腐
1丁 300g
タンパク質:14.7g
脂質;9.0g
糖質:5.1g

1丁以上食べることもないと思うので、基本的に食べても問題ないが、他の物との兼ね合いは多少考慮する必要があると思うので、食べ過ぎ注意とだけ伝えておく。

揚げも栄養バランスは良い

因みに、豆腐と一緒にできているものとして、油揚げがある。

油揚げ
20g
タンパク質:22.6g
脂質;6.9g
糖質:0g

糖質も少なく、タンパク質をたくさん摂取できる。

油揚げを料理にアクセントとして加えるのも料理のバリエーションが増えていいかもしれない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました