ケトジェニックダイエットで大根は控えめに【根菜類の王様】

ケトジェニックダイエット 大根 ケトジェニック食材

この記事ではケトジェニックダイエット中に大根を食べてもいいと思っているあなたに、根菜類というものについて解説を行う。

根菜類は、野菜の中でも糖質が多い食材だ。

謝って摂取し過ぎないように。

個人的には食べないのが無難だと思っている。

野菜が食べたいなら別の野菜を食べよう。

ケトジェニックダイエットで大根はNG!?

大根の栄養価は下記。

大根1本900gあたり
エネルギー:162kcal
タンパク質:3.6g
脂質:0.9g
炭水化物:36.9g
(糖質:25.9g)

1食で大根900gも食べられないだろうから、大根を食べて1食の糖質摂取目安を超えてしまうことはないとは思うが、思っていたより糖質が多いと感じないだろうか?

逆に、脂質やタンパク質は皆無である。

わざわざ食べる必要があるだろうか?

私は、大根をわざわざ食べる必要は全くないと考えている。

食費に余裕があり、糖質管理も徹底してできているのなら手を出してもいいが、自分が1食当たり糖質をどれくらい摂取しているかしっかり管理できていないのであれば絶対に食べないように。

根菜類は食べてはいけない!?

因みに大根は野菜の中でも根菜類と呼ばれていて、ケトジェニックダイエット中に食べてはいけない野菜の1種である。

大根だけでなく、根菜類についても把握しておくようにしましょう。

別の記事で詳しく記載している。

ケトジェニックダイエットで野菜はOK【食べられる食品大解剖】
この記事では、ケトジェニックダイエット中に食べられる野菜について解説を行ってく。 通常のダイエットなら野菜や果物は気にせず食べられるイメージですが、ケトジェニックダイエットに関しては野菜や果物に入っている糖質すらも許されるものではない...

主な根菜類は下記。

かぶ
くわい
ごぼう
大根
たけのこ
人参
ビーツ
ヤーコン
れんこん

以上が避けて野菜選びをするように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました