ケトジェニックダイエット中鯖缶は絶対買った方がいい!?【缶詰】

サバ缶は良質な脂質オメガ3と言われる脂肪酸が含まれているので積極的に食べたい。

持ち運びも便利なので、なかなか適切な食事が取り辛いケトジェニックダイエット中の救世主的存在だ。

わざわざ記事を読まなくても、回れ右でサバ缶を買いにいっていい。

面倒なら下記から。

送料無料 伊藤食品 美味しい鯖 【水煮 味噌煮 醤油煮 水煮食塩不使用】 190g×各6缶 24缶セット サバ缶 缶詰 さば缶 鯖缶

価格:4,976円
(2020/3/21 01:36時点)
感想(6件)

サバ缶の栄養成分

さば水煮:1缶 200gの栄養成分
エネルギー 380kcal
タンパク質 41.8g (167.2kcal)
脂質 21.4g (192.6kcal)
炭水化物 0.4g (1.6kcal)

サバ缶の中でも特におすすめな水煮缶。

食べたことがない人からは、「味あるの?」とかなり懐疑的に見られるが実際魚好きなら全く問題なしと魚の味がしっかりして、糖質制限中でなければご飯をかきこみたくなる美味さだ。

見て分かる通り、タンパク質、脂質ともに優秀過ぎて仕方がない。

ケトジェニックダイエットをする人のための食材だ。

タンパク質を取ることができ、良質な脂質を取ることができるのだ。

フィッシュオイルは積極的に摂取

もしサバなどの魚料理を1日に1食も食べないなら、サプリメントなどで補給した方が良い。

魚料理でも特にサバなどの青魚にイコサペンタエン酸(EPA)と言われる良質な脂質が含まれている。

もし青魚を食べなかった場合は、サプリメントを摂取しよう。

EPA600mg程度。

因みにサバの水煮200gにはEPAが驚異の1860mg含まれている。

1日に同じくフィッシュオイルとも言われるドコサヘキサエン酸(DHA)と合わせて2000mg以上摂取するようにしよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました