ケトジェニックダイエットにコーヒーが良い理由は!?【カフェイン】

この記事ではケトジェニックダイエット中にコーヒーを飲むべき理由について解説をする。

コーヒーにはカフェインが入っているので重宝されている。

カフェインは脂肪燃焼を促進する働きがある。

もちろんカフェイン単体で脂肪を燃やし始めるわけではない。

しかし、カフェインは脂肪燃焼のプロセス中で効率化してくれる触媒の様な役割を果たしてくれるのだ。

そのあかげで、ケトジェニックダイエットにおいてはケトン体が作られ、必要なエネルギーが作られることになる。

この記事では上記の内容を詳しく解説していく。

ケトジェニックダイエット中にコーヒー

ケトジェニックダイエット中にコーヒーは必須の飲み物だ。

飲めない人は、緑茶や紅茶を飲むのもいい。

理由はカフェインが入っているからだ。

また、そもそもケトジェニックダイエット中は飲める飲み物が激的に減る。

身体に良さそうなスポーツドリンクすらも飲むことが許されないのだ。

清涼飲料水は絶対に飲んではいけない。

安心して飲めるのは、「水」「お茶」「コーヒー」くらいのものだ。

そして、カフェインは脂肪燃焼を助けるので優先的に飲みたい。

カフェインが脂肪燃焼を促進

脂肪はストレスがかかると分解し、エネルギーへと切り替わる。

そのストレスとして知られているのは有酸素運動だ。

有酸素運動を行うことで、身体は脂肪を分解してエネルギーに変えようと動いてくれる。

この時カフェインは分解された後の脂肪をエネルギーに変換してくれる場所へ輸送する役割を担うのだ。

カフェインがないとこの効率が悪くなり、スムーズにエネルギーに変換されない。

つまり、エネルギーにならず結局脂肪に戻る。

しかし、カフェインがあればそれを限りなく少なくして、効率よくエネルギーに変えてくれるのだ。

朝の空腹状態や有酸素運動前にカフェイン

脂肪が燃焼されやすい状態の朝の空腹時や有酸素運動前はカフェイン摂取のベストタイミングだ。

これを応用すると、朝起きてお腹が空いている時に、朝食としてブラックコーヒーを飲み30分後にランニングなどの有酸素運動を30分から60分程度行う。

これだけで、かなり効率的に脂肪がエネルギーに変換されるのだ。

この時、コーヒーにMCTオイルを加えておくと、さらにエネルギー変換がさかんになるので、ケトジェニックダイエット中には絶対にやりたいモーニングルーティンだ。

これは、ケトーシスに入る前にも効果を発揮してくれ、ケトーシス移行も維持し続けてくれる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました